バックトゥザフューチャー2のデロリアンプラモ三面図

プラモデル

バック・トゥ・ザ・フューチャー2のデロリアンプラモのレビューです。とは言ってもいつ手に入れたものなのか不明なのでほぼ写真での紹介になります。すみません・・・

バック・トゥ・ザ・フューチャー2のプラモデル紹介

だれかにもらったもののずっと引き出しに眠っていたものを掘り出して組み立ててみたものになります。プルバックで走ります

バック・トゥ・ザ・フューチャー2のあらすじ

バック・トゥ・ザ・フューチャーの続編である2は、1で過去に戻るタイムトラベルにまきこまれた主人公マーティが今度はタイムマシンに改造されたデロリアンに再び乗り込み未来で起こる事件を解決しにいくというストーリーです(かなりざっくり)。

タイムマシンに改造されたデロリアン

ストーリーのキーアイテムが、このプラモの元であるであるタイムマシンとなったデロリアンになります。リンク先のwikiにあるように今はなくなってしまった自動車会社の車がベースとなっています。

今回紹介するの、生ゴミをリサイクルして燃料にできる装置がついたパート2使用のモデルになります。1ではプルトニウムが必要で、それが原因で事件が発生しタイムトラベルにまきこまれるという展開でした。

こちらがリサイクルできるマシン
こちらがリサイクルできるマシン

てのひらサイズのプラモなのでつくりがあまいですが、ちゃんと存在感をだしていますw

CGでつくる様に三面図を撮影してみました

今時デロリアンをモデリングしようというのも珍しい気もするのですが「金曜ロードSHOW!」などで再び放映されているので(先週1みましたが、なんとリマスター版と思われます!めっちゃ映像がクリア)もしかしたらと思い撮影しておきました。

一応サイズ合わせてありますが、多少のズレあります。実際にモデリングする身なのでズレはイラっとくることもあるのは承知ですがご了承ください。

今あらためて見てもかっこいいスタイリング

子供の頃にあこがれたデロリアン。当時私が住んでいた麻布にはなぜか実物(タイムマシン仕様でないやつ)が走っていた記憶がありみかける度に感動していました。

今あらためてプラモですが眺めてもとてもカッコよく80年代の代物とはおもえません。懐かしさとあたらしさが同居したような造形をみていると、作り手として今の子供達に未来への希望をもたせるストーリーが作れるのもかと考えてしまうほどです。

デロリアンのプラモ正面
デロリアンのプラモ正面
デロリアンの後ろ姿
デロリアンの後ろ姿

プルバックして走らせてみると・・・

実際にプルバックして走らせてみました笑一瞬で画面外にいってしまうスピードです!

バックトゥザフューチャーのデロリアンプルバックカーを走らせる
プルバックカー
タイトルとURLをコピーしました