procreateの手書き風ブラシ設定

Procreate
この記事は約3分で読めます。

いろいろなブラシがあり、筆圧にもよりますが選ぶブラシと重要なのはサイズをメモっておくのがオススメです。結構直感的に変更できますが1パーセントの太さの違いが結構あり、メモっておかないと毎回線画の雰囲気が変わってしまいます

なのでこの記事では設定を紹介しています。この記事のラストにライブドローイングの動画も掲載していますので合わせてご活用ください。

procreateの参考画像

いろいろ試した結果ドライインクのブラシサイズ4%だと、いい感じです

ブラシライブラリと設定パネル

ブラシライブラリや設定は上部のブラシアイコンからです

procreateのブラシライブラリ

さらにドライイングのブラシの絵をタップすると詳細設定モードになります。(下の画像)

まずはストリームラインのちょうどいい設定をみつけます

WEB漫画いなちゃんを描く時の設定です。まだiPadに全然なれてないのでストリームライン(手ぶれ補正)はかなり高いと思うのですが70%です!完全に補助輪付きw

procreateのブラシ詳細設定

ストリームラインが設定できたら間隔設定を調整しましょう

上から設定をみていきます、最初の「間隔」は手書き風にする際ダイレクトにきいてくるのでしっかりと調整したいポイントです。

間隔設定による違い
間隔設定による違い

ブラシサイズを5パーセントに統一して描き比べてみました。数値は「なし」と「50%」でこのようにかすれ具合に違いがはっきりとでてくるので、好みのかすれ具合を選んでください。

ジッターで線の荒れ具合を設定しましょう(揺らぎともいえる・・・)

こちらも間隔とにて擦れたようにもなっていきますが、間隔が線を波線のようにかすれさせるのに対してこちらは全体的に幅に対してかかっていく印象です。

ジッターの違い
ジッターの見た目の違い

フォールオフは筆圧で薄くなっていく設定

最後のフォールオフは筆圧を変えないと効き目がでないですが、筆圧を弱くしていくと徐々に線画消えていく設定です。筆圧で消えていって欲しくない場合は「なし」にしておきます。

フォールオフの見た目
フォールオフの見た目

絵が描けたら画像を書き出しましょう

画像を書き出す場所は、スパナのアイコンから「共有」で書き出したい画像の形式を選べばバッチリです

procreate画像の書き出し

実際の描いている様子の動画です

よりわかりやすいように描画の様子を動画にしました。

Procreateの手書き風ブラシ設定ライブドローイング

設定がわかってきたら・・・

他にも以下の内容で記事をつくっていますので、よろしければご覧ください。この記事のように極力完結に分かるように心がけております。※この記事自体も時間のある時に追記していきます。2020.6.8追記

Procreateのアニメーションの設定

ProcreateでつくるWEB漫画メイキング

タイトルとURLをコピーしました